toggle
2017-12-02

Human image

Oil,Charcoal,Pencil on Paper 2017
230×310

みなさんは周りの人たちに、どんな色のイメージを抱きますか? 以前から私は、周りの人たちに対して、色のイメージを持っていました。 単純に赤っぽいなとか青っぽいなとかもあれば、この人は表面は黄色っぽいけど、 実は青系かな?とか。はたまた、あの人とあの人は同じ黄色だから合いそうだなとか。 そのイメージを描いてみることもありましたが、実際に絵にしてみると、 表から見える性格と内面が違うように何色かが複雑に絡み合っていました。 この色のイメージはどこからきているのだろう? この色のイメージは?本当にあってるのだろうか? そんな疑問から今回の展示は生まれました。 有名人や知人など5名の方々を題材とし油絵で描き、 その絵を元に、現在心理学を勉強している友人に実際の色彩心理学や パーソナルカラーによる絵の分析、解説をしていただきました。 さらに私が描いたその人のイメージ解説を一緒に展示しています。 あなたの色は何色でしょうか?? 複雑な人間の性格が一言で言い表せないように、 あなたの中にも、多数の色が複雑に絡み合ってるかもしれません。


作品で表現したイメージ

冷静、男の子、落ち着いている、様々な想いや自我を持っていて(青)、洞察力が鋭く、そして目まぐるしく思考が動いているようなイメージ。 暗闇の中でも完全な飛行ができる「コウモリ」の形。 明るく社交的で、親しみ易い部分も強く(黄、オレンジ)、根本に深い優しさ(緑)も持っている。

色彩心理から読み解くイメージ

大きな青い部分は、知的で清浄で、他者への決して押し付けることはないが大きく受け止められるような深い愛情があることを表している。 左側の薄い青い部分は素直で潔白な部分を示し、反対側の黒い部分で冷静さや内部の悲哀を示している。 右側の黄色い部分では笑いや快楽、子供のような単純さがあることを示している。


関連記事